2015年7月29日水曜日

夏の熱中症の対策を管理する、素晴らしいソフト。

夏の熱中症を防ぐ極上のアプリの紹介。

・はじめに

 夏は暑い上に室内でも適切な温度管理をしていないと、室内でも熱中症になる可能性があります。

 そこで今回ご紹介したいソフトは、Healthy Water Drinkingです。



・熱中症とは?

「熱中症」とは暑い環境で生じる健康障害の総称で、次のように分類されています。

熱失神
皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。
脈は速くて弱くなります。
特徴
めまい
一時的な失神
顔面蒼白

熱けいれん
大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。
特徴
筋肉痛
手足がつる
筋肉がけいれんする
熱けいれんの救急処置

熱疲労
大量に汗をかき、水分の補給が追いつかないと、身体が脱水状態になり熱疲労の症状がみられます。
特徴
全身倦怠感
悪心・嘔吐
頭痛
集中力や判断力の低下

熱射病
体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、ショック状態になる場合もあります。
特徴
体温が高い
意識障害
呼びかけや刺激への反応がにぶい
言動が不自然
ふらつく
(大塚サイト、熱中症の種類より引用。http://www.otsuka.co.jp/health_illness/heatdisorder/care_01/

以上のような症状が起きたら、躊躇わず救急車を呼びましょう。命にかかわる事です躊躇っている場合ではありません。

・さて、熱中症対策の強い味方、Healthy Water Drinkingというアプリです。
このソフトは起動すると、自分の行動アクティビティに応じて、一日の採る水の管理をしてくれます。

 使い方はとても簡単で、アプリを起動した後に自分に合う活動アクティビティを選択しLOW MIDDLE HIGHの3つのどれかを選択し、水を飲む開始時間帯と水を飲む終わる時間帯をセットしてスタート押すだけです! (図1)
   
  図1
(図2)
 そうすると、図2の様に「一日飲むべき水を」時間帯と量で通知してくれるのと管理ができるので、かなり熱中症のリスクは低くなると思います。

 コンピュータを使って、健康管理はこれからさらに進んでいくと思いますので、こういう地味に思えるサービスでも嬉しいですね!

・終わりに

 科学は人の力です。忘れっぽい人や、つい薬を飲み忘れてしまったりする人や、水も含めてスマフォ(コンピュータが全て管理してくれます)の恩恵は素晴らしい物が或ると思います。科学万歳!

 これからも、なにか面白いヘルスケアなどのソフトがあったら教えて下さいね♪
最後まで読んでくださってありがとうございました!